東高円寺にある「喫茶室ミミタム」は、長いバリスタ経験をもつ光好さんと、空間作りが得意な紗貴さん夫妻が開いたお店。数々のカフェやコーヒーショップで腕を磨きながら、現代の日本に合う喫茶店について真摯に考えてきた2人が手がける喫茶店は、連日幅広い世代のお客さんが通っています。日本の喫茶文化に、海外のカフェ文化の良いところをかけ合わせた、ハイブリッドな“ネオ喫茶”の魅力に迫ります。

 

静かな路地の一角に佇む、昭和レトロな喫茶店

東高円寺駅から徒歩3分ほどの場所に、2018年にオープンした「喫茶室ミミタム」。約20年間カフェ業界に身を置き、食と接客が好きと話すご主人の栁美澤光好(やなみさわみつよし)さんと、アートや音楽が趣味という妻の紗貴さん夫妻が営む喫茶店です。

内装は壁の塗装から床のワックスがけに至るまで、ほぼ夫婦2人のDIY。天井や床はむき出しになっており、海外カフェのようなインダストリアルな趣も。「オープンしてからもゆっくり改装を重ねている」という店内は、最近も古い喫茶店で使われていたという家具が仲間入り。まるで昔からそこに置かれていたかのように、温かみを帯びたレトロな店内に馴染んでいます。BGMには音楽好きの紗貴さんが選ぶ昭和のポップスやジャズが、心地よい空気感と共に流れています。

 

「古き良き純喫茶文化×海外カフェの魅力」をかけあわせた独自のスタイル

妻の紗貴さんは、22歳の頃、ワーキングホリデー制度を利用してオーストラリアのメルボルンに一年間滞在。“コーヒー先進国”とも呼ばれるオーストラリアのコーヒーの味わいに感動し、カフェに通うことが生活の一部になっている文化にも感銘を受けたそう。その一方で、「海外ではコーヒーをさっと飲んで出て行く人も多い。ゆっくりおしゃべりなどを楽しむ日本の喫茶文化にも魅力を感じていて、双方の良さを融合したお店を作りたいと思いました」と、紗貴さんは話します。

またご主人の光好さんは、20年近く数々のカフェやコーヒー専門店でバリスタとして研鑽。街の再開発により閉店しましたが、新橋でスペシャルティコーヒーを提供するカフェバーを経営していたことも。喫茶室ミミタムは、光好さんの淹れる高品質のコーヒーと、ゆったりと過ごせる純喫茶の良さを融合したお店になっています。

 

どんな世代の方にも居心地良く過ごしてもらいたい

ゆったり過ごせる喫茶店に求められるのは、居心地の良さ。2人が“居心地のいい店作り”を目指す上で大切にしているのは、“敷居の高くないお店づくり”なのだそう。最近は店内での過ごし方や写真撮影などについてルールを設けるお店も増えていますが、ルールは緊張感につがなる可能性があるため、喫茶室ミミタムではあえて設けていません。日本人はもともとマナーのよい方が多く、それでトラブルが起きたこともないのこと。

コーヒー専門店ではなく喫茶店にしたのも、「コーヒーの知識がなくても安心して来てもらえるお店にしたかった」から。高品質なコーヒーを数多く用意していますが、コーヒーの種類が書かれたメニュー表も、シンプルでわかりやすい表記に。近所に住む年配の方から、子ども連れのママ世代、仕事帰りのサラリーマン、SNSを見て訪れたという若い女性まで、幅広い層のお客さんがそれぞれにリラックスして過ごせるのは、こうした小さな心遣いがあるからかもしれません。

 

パンやドレッシングも自家製。体に優しい食材で作られたメニュー

喫茶室ミミタムで味わえる料理やドリンクは、「家族や大切な人に出すのと同様、安心安全で美味しいものを提供したい」という想いから、添加物や着色料、保存料不使用の食材を選び、すべて自家製で作っています。

例えば手間暇がかかるベシャメルソースも時間をかけ一から手作りしており、なめらかでコクのある味わいが評判。隠し味に味噌を用い、仕上げに山椒をひとふりする同店の定番メニュー「チキンときのこの和風マカロニグラタン」にもこちらのソースを使用。一度食べるとリピート必至の一品です。

幾度となく試作を重ねた自家製パンで作られる、トーストメニューも人気。国産小麦だけを使用し、小麦特有の甘みが強く、もっちりとした食感が特徴です。リピーターも多いという「シュガーバタートースト」は、砂糖を溶かしたバターを塗り、バーナーで表面を香ばしく炙って提供。ひと手間もふた手間も惜しまないのも、ミミタムらしさ。

こだわりは商品だけでなく、それらをのせるうつわにも。海外のレストランなどでも愛されているMIKASAのヴィンテージ皿や、レトロなデザインが時代を超えて再注目されているADERIAのグラス、手仕事の温かみを感じるポーリッシュポタリーなどを使用。非日常感を醸し出す素敵なうつわに、思わず気分が上がります。

古き良き純喫茶の趣に身を委ねつつ、コーヒー専門店で出されるような品質の高いカフェラテや、時間をかけ丁寧に作るメニューが味わえる、喫茶室ミミタム。お店の中に流れるゆるやかな時間は、疲れた気持ちを優しく癒してくれるようです。ほっと安らぎを求めたくなったら、足を運んでみてはいかが。

 

◆喫茶室ミミタム
住所:東京都杉並区高円寺南1-23-3 山村ハウス1F
営業時間:平日 12:00〜22:00、土日祝 12:00〜20:00
定休日:水曜(不定休あり)
Instagram:https://bit.ly/32oET0F
CafeSnap みんなの投稿 >> https://cafesnap.me/c/11655

Prev

【仙台】カフェで味わう個性的で楽しいクリームソーダ×5選

View Post
Next

江戸切子で嗜む、粋なコーヒー。“ものづくり”の精神が息づく「すみだ珈琲」

View Post