変わりゆく時代に、変わらずあり続ける老舗喫茶店たち。今回は食い倒れの街・大阪で、後継者に代替りしてもなお、昔からそこにある雰囲気を守り続ける喫茶店を集めました。今の時代だからこそ、古き良き味わいを感じる老舗にぜひ足を運んでみませんか。

丸福珈琲店 千日前店(日本橋・大阪)

Photo by *るのあーる*さん

戦前の昭和9年創業。戦後、大阪の復興と共に文化人に愛され、小説の舞台になったこともある丸福珈琲店。日本で珈琲が流行した黎明期に、創業者が開発したオリジナルドリッパーで淹れる珈琲、千日前本店名物の銅板で焼き上げるホットケーキは、料理研究家の故・小林カツ代氏が愛したメニューとか。

◆丸福珈琲店 千日前店(日本橋・大阪)
https://cafesnap.me/c/7847

 

ゼー六(堺筋本町)

Photo by harupepeさん

戦後まもなく喫茶店を始めたゼー六。夏のお菓子として始めた「アイスもなか」がこちらの名物。創業から104年を迎え三代に渡って愛されるアイスもなかは孫から祖父母までが懐かしむ思い出の味となっています。一つ130円からの5種類のアイスもなかは、お持ち帰り梱包もあってお土産にピッタリです。

◆ゼー六(堺筋本町)
https://cafesnap.me/c/9215

 

喫茶サンシャイン(東梅田)

Photo by Everydaylifeさん

大阪のビジネス街中心部のキタで、創業40年続くお店といえば喫茶サンシャイン。出勤前のビジネスマンがモーニングに通うお店でもあります。こちらのおすすめメニューはなんといってもホットケーキ。お得なコーヒーセットが終日注文できるのもカフェ好きには嬉しいサービスです。

◆喫茶サンシャイン(東梅田)
https://cafesnap.me/c/11204

 

千成屋珈琲(動物園前)

Photo by Everydaylifeさん

大阪を代表する観光地・新世界にある1948年創業の千成屋。ミックスジュース発祥の同店は、実は三代目が引退する際に一旦、閉店となりました。お店のファンだったテレビマンが四代目に交渉し、お店を引き継ぎリニューアルオープン、伝統を守りながら進化したミックスジュースを一度味わってみては。

◆千成屋珈琲(動物園前)
https://cafesnap.me/c/11203

 

アラビヤコーヒー(なんば)

Photo by Everydaylifeさん

純喫茶好きが心に残るマークのお店といえばアラビヤコーヒー。ハム入り厚焼き卵のホットサンド「アラビヤサンド」や、昼までになくなることもあるホットケーキが名物メニューです。なんば駅からほど近いこのお店、1951年創業のレトロな雰囲気で、外国人観光客にも人気の老舗喫茶店です。

◆アラビヤコーヒー(なんば)
https://cafesnap.me/c/11202

Writing by Yohei Kida

Total
25
Shares
Prev

【東京】今しか食べられない!カフェ自慢のこだわりアップルパイで秋を満喫しよう!

View Post
Next

【京都】お茶の飲み比べセットや抹茶スイーツも!京都の人気エリアで楽しめる日本茶カフェ5選

View Post