カフェ&自宅でのコールドブリューの楽しみ方をお届けしているCafeSnapの連載。Vol.3はコーヒー専門店で提供しているコールドブリューのアレンジドリンクに注目!ソーダやフルーツが入っているコールドブリューなど、暑い夏にゴクゴクと飲みたくなるようなドリンクを厳選して紹介します。

<INDEX>
【Vol.1】2018夏!コーヒー専門店や喫茶店のコールドブリュー最前線
【Vol.2】コーヒー器具メーカー“HARIO”に聞いた!簡単&美味しいコールドブリューの作り方
【Vol.3】カクテルみたいなコーヒーも!? 2018夏はアレンジコールドブリューに注目!
【Vol.4】レシピを大募集! みんなのコールドブリューアレンジ 総集編

 

コールドブリュージントニック・パイナップル(UNLIMITED COFFEE BAR)

コーヒーを作る上で大切な“美味しさ、技術、プロとしてのパフォーマンス”などを競う大会で、優秀な成績を納めているバリスタが多数所属しているUNLIMITED COFFEE BARではコールドブリュージントニック・パイナップルがこの夏、お勧めのドリンク。

コロンビア・ナランホのコールドブリューが持つシトラスの酸味やブラウンシュガーのような甘さと、パイナップルのフレーバーの一体感が秀逸なことに加え、ライムやトニックによってうまれる爽やかな飲み心地も印象的です。

「コーヒーはコールドブリューで作ることで、コーヒー豆の特徴が活きるだけでなく、クリーンな味わいになります」と、バリスタの鈴木さん。グラスに浮かぶクラッシュされたパイナップルは飲みながら楽しい食感を演出します。お酒が苦手な方はジンの量を調整してもらえるのぜひ相談を。暑い日の夜にゴクゴクと飲みたくなる一杯。

◆UNLIMITED COFFEE BAR
・コールドブリュージントニック・パイナップル 1296円(税込)
コロンビア・ナランホのコールドブリュー、ジン、シロップ、フローズンパイナップル、トニックを使用

住所:東京都墨田区業平1-18-2
最寄駅:押上駅、とうきょうスカイツリー駅
HP: https://www.facebook.com/UnlimitedCoffeeBarTokyo
CafeSnapみんなの投稿:https://cafesnap.me/c/754

 

コールドブリューソーダ / コールドブリューシロップ(GLITCH COFFEE&ROASTERS)

コーヒー豆の産地によって異なる、個性のような味わいを引き出した焙煎に定評があるGLITCH COFFEE&ROASTERSでは、コールドブリューソーダを提供。店で作ったコールドブリューに、専用の器具で炭酸を充填しているため、同店が得意とするフルーティーなコーヒーの味わいや濃度はそのままに、清涼感たっぷりのドリンクに仕上がっています。コールドブリューの種類はエチオピアやケニアなど日ごとに変わる予定。

また、GLITCHでは今回の企画のために新たに“コールドブリューシロップ”を作成。ほんのりと甘さを加えられるシロップは、ベースとなるコールドブリューによって明確に味が異なるため、「ドリンクとしてのコーヒーとシロップとしてのコーヒーをペアリングするような感覚で、その組み合わせを楽しんで欲しい」とオーナーの鈴木さん。コールドブリューシロップを合わせるドリンクのおすすめはアイスカフェラテ。

◆GLITCH COFFEE&ROASTERS
・コールドブリューソーダ 600円(税込)
・コールドブリューシロップ 無料・読者限定(注文時、スタッフにシロップの依頼をしてください)
提供期間:8月末まで

住所:東京都千代田区神田錦町3-16
最寄駅:神保町駅
HP: http://glitchcoffee.com/
CafeSnapみんなの投稿:https://cafesnap.me/c/633

 

ゲイシャフィズ (Perch by Woodberry Coffee Roaster)

“止まり木” という意味をもつPerchは、用賀に本店を構えるWoodberry Coffee Roasterの3店舗目となる店。ここでは季節ごとにラインアップが変わるアレンジドリンクを複数提供しています。

中でもコーヒー好きの間で話題になっているのが“ゲイシャフィズ”。「使用しているパナマ・エルブロー・ゲイシャはバニラやトロピカルフルーツのような甘さが魅力。コールドブリューにするとドリップではでないフレーバーが引き出され、スムーズな質感になります」とオーナーの木原さん。

コールドブリューにオーガニックのハイビスカスティーなどを加えることで、見た目も華やかになり、まるでコーヒーチェリーを食べているような気分に。コーヒーに偏りすぎず、ドリンクとしてのバランスを重視したゲイシャフィズはコーヒーの新たな一面を発見させてくれます。

◆Perch by Woodberry Coffee Roaster
・ゲイシャフィズ 850円(税込)
パナマ・エルブロー・ゲイシャのコールドブリュー、オーガニックハイビスカスティー、搾りたてジュース、自家製シロップ、ソーダを使用
提供期間:8月末まで

住所:東京都渋谷区恵比寿南3-7-1代官山島田ビル1F
最寄駅:代官山駅
HP: https://www.facebook.com/perch.daikanyama/
CafeSnapみんなの投稿:https://cafesnap.me/c/4015

 

フルーツコールドブリュー (VERVE COFFEE ROASTERS)

アメリカ西海岸サンタクルーズ発のコーヒーショップ。オーナーのひとりがコーヒー豆を求めて自ら世界中に出向いており“COFFEE IS A FRUIT(コーヒーはフルーツだ)”をコンセプトにしています。

そのコンセプトを夏のドリンクで表現しているのが、オレンジをたっぷりと使った“フルーツコールドブリュー”。ストーンフルーツやマーマレードのような味わいがある人気ブレンド“ストリートレベル”をコールドブリューにし、そこにワックスフリーの国産オレンジのみを使用した自家製オレンジシロップを加えることで、コーヒーのフルーティーなフレーバーを更に引き立たせています。甘酸っぱい味わいは、暑さで疲れた体を癒してくれるはず。

◆VERVE COFFEE ROASTERS SHINJUKU STATION
・フルーツコールドブリュー 12oz 600円、16oz 700円(税込)
ストリートレベルのコールドブリュー、シロップ、スライスオレンジ
提供期間:9月末まで

住所:東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-55 NEWoMan SHINJUKU 2F エキソト
最寄駅:新宿駅
HP: https://vervecoffee.jp/
CafeSnapみんなの投稿:https://cafesnap.me/c/3029

 

ナイトロコールドブリュー withラム(TRUNK COFFEE & CRAFT BEER)

喫茶店文化が根付く名古屋で、浅煎りの透明感あるコーヒーを提供しているTRUNK COFFEE。これまでにコーヒービールを作るなど、業界の中で誰もやっていないことにチャレンジし続ける同店が2017年にオープンしたのが、コーヒーとクラフトビールを提供する“TRUNK COFFEE & CRAFT BEER”です。

ここで味わえるのは“ナイトロコールドブリュー withラム” 。「ナイトロとは窒素のこと。コールドブリューに充填することでコーヒーの甘さを引き出す働きがあります。また、細かい泡が生まれ口当たりがよくなります」と語るのは共同オーナーの鈴木さん。

同店はコーヒー屋さんとしては珍しく、ナイトロコールドブリューを店で作っているので、毎日フレッシュな一杯が味わえるのも嬉しいところ。コーヒーとラムの香りの余韻にいつまでも浸れるビアカクテルのようなドリンクです。

◆TRUNK COFFEE & CRAFT BEER
・ナイトロコールドブリューコーヒー 650円 with ラム 200円(税込)
ナイトロコールドブリュー、ラム(バーボンにすることも可能)、シロップ(お好みで)

住所:愛知県名古屋市中区上前津1丁目3-14
最寄駅:上前津駅
HP: https://www.facebook.com/TRUNKCOFFEEANDCRAFTBEER/
CafeSnapみんなの投稿:https://cafesnap.me/c/7893

 

今回ご紹介したのは猛暑が続くこの夏に飲みたくなるドリンクばかり!アレンジコールドブリューを体験したことがない方はぜひお店で味わってみてくださいね。次回は8月の更新!「レシピを大募集! みんなのコールドブリューアレンジ 総集編(Vol.4)」をお届けします。どうぞお楽しみに!

みんなのコールドブリューを使ったアレンジドリンクやスイーツを募集中!

CafeSnapではコールドブリューを使ったおうちコーヒーのアレンジレシピを募集しています!例えば、「コールドブリューにジンジャエールを入れてみた!」「コールドブリューでコーヒーゼリーを作ってみた!」などぜひInstagarmで「#CafeSnap」と「#craftcoldbrew」のハッシュタグをつけるか、タグ付けして投稿してください! 素敵なレシピは記事でご紹介予定です。

Writing&Photo by Ayako Oi

Total
76
Shares
Prev

日本茶の世界に新たな風を吹き込む、唯一無二のスタンド“Satén japanese tea”(Vol.1)

View Post
Next

コーヒーから学ぶこと、日本茶から気づくこと(Vol.2)

View Post