1928年に建設された建物。その佇まいから歴史と貫禄を感じる

銭湯の時代を経て、未来へと記憶を繋ぐカフェ

2020年7月11日、東京・入谷にオープンしたrebon Kaisaiyu(レボン カイサイユ)は、90年のあいだ街の人々に愛され、2016年に惜しまれながら閉店した銭湯をリノベーションしたカフェです。

左は下駄箱、右は今では珍しいスタイルの傘置き

“記憶を繋ぐカフェ”をコンセンプトにした同店は、新旧と和洋が交差する場所。建物の佇まいはそのままに、店内はカフェとオフィスが併設しています。

玄関では靴を脱いで下駄箱へ。旧脱衣所がカフェスペースです。女湯側にはキッチン、カウンター席があり、男湯側には日本製のヴィンテージ焙煎機、書籍を自由に閲覧できるテーブル席も完備。

銭湯だった頃に使われていた番台もそのまま残っておいて、座ることも可能
ヴィンテージの焙煎機はフジローヤルの3キロ

さらに現在、オフィスとして使われている旧浴場のスペースには、鮮やかに描かれた富士山のペンキ絵も。番台や古時計、ご用心の注意書きなど、店内のいたるところに、銭湯だった頃の面影を感じられます。

富士山のペンキ絵がある旧浴場エリアは現在オフィスとして使用
銭湯ならでは!「ご用心の注意書き」も必見

 

看板メニューは自家製アイスクリームとコーヒーのマリアージュ

rebon Kaisaiyuの看板メニューは、これからの季節に嬉しい、自家製アイスクリームと自家焙煎コーヒーのセット。

アイスクリームは神奈川県小田原市にあるフルーツ農園から直接仕入れているみかん、キウイ、ブルーベリーに加え、オーストラリア発のMork Chocolateで作ったアイスクリーム4種をラインアップ。メニューに書かれている、相性のよいコーヒーをセットで注文するのがおすすめです。

湘南ゴールドみかんとコロンビアのコーヒーのセット(980円)

この日選んだのは、湘南ゴールドみかんとコロンビアのコーヒーのセット。ミルクベースのアイスクリームは、果実のつぶつぶ感を感じられて、ジューシーなのに後味はさっぱり! 口に含んでからコーヒーを飲むと、絶妙なバランスで混ざり合い美味しさも倍増します。

旧脱衣所だった場所をリノベーションして作られたカウンター席

「アイスクリームとコーヒーはペアリングではなく、マリアージュを意識しました」と話すのは、店の企画立案から焙煎、抽出、アイスクリーム作りまでを手がける安田さん。入谷エリアで生まれ育ち、数年前にはデンマークのスペシャルティコーヒー専門店 La Cabra Coffee Roastersで働いた経験を持つバリスタです。

アイスクリームとのマリアージュを考えて、生豆の仕入れから行なっている自家焙煎コーヒーは購入も可能

「アイスクリームとコーヒーのマリアージュを考えるのは難しかったのでは?」と聞くと、「マリアージュを考えるうえで大切にしたのは、フレーバー、口当たり、後味の立体感。アイスクリームはミルクビバレッジのミルクと捉えながら、コーヒーとの相性を繰り返しテストしました」と安田さん。

今後も季節のフルーツや旬の食材をテーマに、ゼロからアイスクリームのレシピ開発を行い、コーヒーとの組み合わせを考えていくとのこと。

新たな時間が動き出した、rebon Kaisaiyu

2020年、生まれ変わって新たな時を刻み始めたrebon Kaisaiyu。この場所にしかない体験があるように、自家製アイスクリームと自家焙煎のコーヒーのマリアージュにしかない味わいをぜひ楽しんでみてはいかが。

 

◆rebon Kaisaiyu(レボン カイサイユ)
住所:東京都台東区下谷2-17-11
営業時間: 平日12:00~19:00、 休日10:00〜19:00
定休日: なし
HP: https://www.rebon.jp
CafeSnap みんなの投稿: https://cafesnap.me/c/14063

Prev

ワインの力で引き出す、焼き菓子の新たな一面。鎌倉「焼き菓子TOROkko」

View Post