パンとテキスタイル、“生地”が共通点の衣食カフェ

1月23日(水)にオープンする「しロといロいロ(SHIRO to IROIRO)」は、“生地”という共通点をもつ、人気ベーカリーカフェ「パンとエスプレッソと」と、テキスタイルショップ「cocca」のコラボレーションカフェ。

1階では「パンとエスプレッソと」のパンやコーヒー、coccaのテキスタイルを購入できるほか、2階にはイートインスペースも用意されている一軒家カフェです。

 

看板メニューは、“生地”にこだわった「焼きたてクロワッサンシナモンロール」

画像提供:しロといロいロ

今回の共通点にちなみ、看板メニューは“折込生地”で作られる「焼きたてクロワッサンシナモンロール(ドリンクとのセットで1,000円)」。複数店舗を構えるカフェで一般的な、セントラルキッチンを持たない「パンとエスプレッソと」では、すべての店舗ごとに職人が粉から作り上げた、焼きたてのパンを提供しています。人気商品の食パン「ムー」やサンドイッチなどは同店でも購入可能。

また、“生地”へのこだわりは、コーヒーの抽出にも。同店初のネルドリップを採用し、社内試験で合格したバリスタが、京都「小川珈琲」の豆で一杯ずつ丁寧に淹れてくれます。

 

cocca」のテキスタイルが生み出す温かみのある空間

今回コラボレーションを提案した「cocca」は、1948年創業のテキスタイルメーカー「KOKKA」が運営するファブリックブランドショップ。

2階のイートインスペースにはcoccaの生地を使ったカーテンが飾られており、温かみのある空間を創り出しています。

 

テキスタイルに出会い、その魅力を伝えられるカフェに

「若い世代の手芸離れがすすむ今。あらためて、季節や気分にあわせて選べるテキスタイルに触れ、興味を持つきっかけを増やしたい」という想いから始まったという今回のコラボカフェ。実は、タッグを組んだ2社の社長は中学時代からの友人で実現にいたったそう。

今後、2階のスペースでは、テキスタイルを使ったワークショップや、パン作り教室なども企画していきたいという「しロといロいロ」。ついつい外に出かけるのが億劫になりがちな季節ですが、 “白い空間と色々なテキスタイル”に囲まれながら、美味しいパンとコーヒーを味わいに訪れてみてはいかが。

 

◆しロといロいロ
住所:東京都渋谷区恵比寿西1-31-13
電話番号:パンとエスプレッソと(03-3463-5495)コッカ(03-3463-7681)
営業時間 : 9:00~19:00(ラストオーダー18:00)、 ※コッカの営業は11:00~19:00
定休日 : 火曜
席数:20席
アクセス:東急東横線「代官山」駅より徒歩5分

 

Interview&Writing : Kumiko Nakakuki

 

Total
82
Shares
Prev

【京都】早朝モーニングが楽しめる烏丸御池エリアのカフェ

View Post
Next

【大阪】イギリス気分を味わえる♪おすすめ英国風ティールーム5選

View Post