この秋、オープンの「渋谷スクランブルスクエア」は、“世界最旬宣言”をビジョンに掲げた複合施設。なかには海外発のラグジュアリーカフェや、大手企業の新業態店など、まさに最旬といえるカフェも多数オープンします。今回は、約15店あるカフェのなかから編集部が気になるお店をピックアップ。この秋話題必至のニュースポットにぜひ足を運んでみてくださいね!

 

ANNA’S by Landtmann(アンナーズ バイ ラントマン)

ウィーン発祥の老舗店「カフェラントマン」が手がける、「身体の中から美しく」をコンセプトにしたカフェ。季節のフルーツやハーブ、野菜を贅沢に使ったスムージーの他、30種類以上のカフェメニューや彩り豊かなケーキが楽しめます。

 

Café Cova Milano(カフェ コヴァ ミラノ)

200年以上の歴史を持つイタリア・ミラノの老舗カフェ「COVA(コヴァ)」が銀座に続き、日本二号店をオープン。ミラノの旗艦店を再現した店内は、クリスタルのシャンデリアや天然大理石で作られたカウンターなど、ラグジュアリー感満載。定番のカフェメニューをはじめ、本店と同じ内容のケーキやランチなどが堪能できます。

◆Café Cova Milano(カフェ コヴァ ミラノ)
http://www.pasticceriacova.com/ja/stores/shibuya-scramble-square

 

ocha room ashita ITOEN(オチャ ルーム アシタ イトウエン)

和の風情を感じる空間で、こだわりの抹茶や日本茶が味わえるカフェ。チーズティーなどのアレンジドリンクや、抹茶ビール、抹茶の風味を活かしたバケットサンドイッチなども用意。不定期でお茶にまつわるセミナーやワークショップも開催する予定。

 

REAL DRIP COFFEE No.12 by上島珈琲店

入口すぐのカウンターに置かれているのは、職人の技術を再現したオリジナルのドリップマシン。深煎りから浅煎りまで10種類ほどから好きなコーヒー豆が選べ、焙煎度合いによる味わいの違いが楽しめます。日本の喫茶文化を大切にした温かな空間からは、刻々と変化していく渋谷の街並みを一望できます。

 

なんとかプレッソ2

自由が丘で人気の「なんとかプレッソ」の二号店。パンツ型のオープンサンドをメインにした「ぱんつくった」、肉を使わないホットドッグ「ニクヨーカー」、スイーツコーヒーを扱う「へのへのこーひー」、パン専門店「パンも飛べるはず」と、なんと時間帯によって、商品や店名が変化!飲食スペースの内装はスクランブル交差点をイメージ。

 

丸山珈琲 エキュートエディション渋谷店

スペシャルティコーヒー店「丸山珈琲」が手がける、初のコーヒーバッグ専門店。品評会で入賞した高品質なコーヒーからゲイシャなどの希少な豆まで、お湯につけるだけで簡単に楽しむことができます。コーヒーバッグの味わいが体験できるコーヒースタンドも併設。
◆丸山珈琲 エキュートエディション渋谷店
https://www.maruyamacoffee.com/ 

 

Trueberry 渋谷スクランブルスクエア店

国産・無農薬にこだわったスムージーや、フルーツサンド、豆乳アイス、オーガニックコーヒーなどが楽しめるスタンド型のショップ。スーパーフードを使用したヴィーガンパフェはとってもフォトジェニック!

◆Trueberry 渋谷スクランブルスクエア店
http://trueberry.jp/

Prev

都内の人気紅葉スポット周辺にあるおすすめカフェ5軒

View Post
Next

ゲイシャの農園を所有!世界初のゲイシャ専門店GESHARY COFFEEがオープン

View Post