季節は変わっていよいよ秋。本格的な喫茶店&カフェシーズンの始まりです。今回は、後継者の問題や、建物の老朽化、再開発などの理由から閉店していく店が多い中、いまなお人々の憩いの場所として愛されている東京駅周辺の老舗喫茶店に注目! とくに創業30年以上の名店を厳選して紹介します。

喫茶去 快生軒(人形町)

Photo by † 由詩 †さん

来年で創業100年。なんと一世紀営業されている老舗中の老舗。100年と言っても内装はリニューアルされているので美しいクラシックな雰囲気が魅力。パンは人気ペーカリー「ペリカン」から。コーヒーは姉妹店の「ロイド」で自家焙煎されたものを使用しています。人形町の散策の途中にぜひ立ち寄ってみて。

◆喫茶去 快生軒(人形町)
https://cafesnap.me/c/10876

 

羅苧豆(日本橋)

Photo by アラレちゃんさん

創業35年。日本橋高島屋の脇道で30年営業した後、同エリアの再開発の為に近くに移転し、再出発した“羅苧豆”。日本橋で生まれ育った江戸っ子のマスターと優しいお母さん、息子さんで経営されています。手作りのマカロニグラタンやポテトグラタンなどは、ドリンク付きで980円。9月には日本橋高島屋の新館もオープンするので、仕事帰りの一休みにピッタリ。

◆羅苧豆(日本橋)
https://cafesnap.me/c/10267

 

珈琲家(茅場町)

Photo by † 由詩 †さん

創業45年。茅場町の証券マン達を支えて来たと言っても過言ではない喫茶店が“珈琲家”です。初代マスターが亡くなり、現在は二代目の息子さんが一人で切り盛りされています。
手作りのハンバーグサンド、ピザトースト、ビーフシチューなどお腹いっぱいになるメニューが豊富!自慢のサイフォン式コーヒーも一緒に味わって。

◆珈琲家(茅場町)
https://cafesnap.me/c/3457

 

COFFEE HOUSE elle(八丁堀)

Photo by † 由詩 †さん

創業40年。八丁堀の駅前で、モーニング~ランチ~喫茶と、どの時間帯でもお客さんが絶えない人気喫茶店です。マスターは現在80歳を超えていますが、厨房に立ちコーヒーや料理をテキパキこなします。ホールを担当する男性スタッフははなんと70歳! 全てのお客さんに優しい接客が人気です。ナポリタンやクリームソーダなど、の王道のレトロメニューが勢ぞろいしています。

◆COFFEE HOUSE elle(八丁堀)
https://cafesnap.me/c/10877

 

バロン(新富町)

Photo by † 由詩 †さん

創業30年。新富町に存在する喫茶店の中での最も古い“バロン”。二階にあるので中が見えづらく隠れ家的なお店です。お店は全て女性スタッフで切り盛りされているので、メニューはどことなく可愛らしさがあります。特製ナポリタンはセットでも単品でも注文OK!その他、ハンバーグやカレーなども人気。銀座からも築地からも近い新富町、元は花街なので街並みも落ち着いています。

◆バロン(新富町)
https://cafesnap.me/c/10878

 

Writing by 由詩

Total
24
Shares
Prev

【大阪】本格派の紅茶でティータイム!大阪のおすすめ紅茶専門店5選

View Post
Next

喫茶店の謎 vol.1「ラドリオでウィンナーコーヒーを頼んだら」/ 川口葉子

View Post